ニュース

「マルジェラ」からガリアーノ就任後初のフレグランス

 「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は12月16日、ジョン・ガリアーノ=クリエイティブ・ディレクターが手掛ける“アーティザナル”コレクションの世界に共鳴したフレグランスを発売する。同製品は、2012年にローンチした“レプリカ” のオードトワレの「イメージや印象、感情、潜在意識に語りかけ、一人一人の思い出や記憶を呼び覚ます」というコンセプトを発展させたオードパルファン。“ダンシング オン ザ ムーン(DANCING ON THE MOON)”“アクロス サンズ(ACROSS SANDS)”“ソウル オブ ザ フォレスト(SOUL OF THE FOREST)”“フライング(FLYING)”というファンタジーや未知の世界を表現した4種をそろえる。価格は各1万8000円。「メゾン マルジェラ」と「エムエム6 メゾン マルジェラ」の直営店で取り扱う。

 “ダンシング オン ザ ムーン”は、アルデヒド、ムーンフラワー、ナチュラルホワイトジャスミンが広がるホワイトフローラル系のフレグランスで、ミドルノートにはアンバーグリスやムスク、バニラなどが香る。“アクロス サンズ”は、沈香(ジンコウ)の香りにナツメやシナモンを加え、オリエンタルな世界観を表現している。また、“ソウル オブ ザ フォレスト”は、森を想起させるグリーン系のフレッシュでみずみずしい香りが特徴。“フライング”は、ベルガモットやオレンジアブソリュートなど柑橘系のトップノート、アーモンドやイランイランのミドルノート、ムスクなど官能的なベースノートで構成する。パッケージは、オードトワレのボトルデザインを踏襲しつつ、黒いインクをスプレーしたようなガラスボトルとメタリックなシルバーのラベルで仕上げた。ラベルには香りの名前と説明に加え、「性別不詳」を意味する「ジェンダー・アノニマス」という言葉が記されている。

 また、12月7~13日に伊勢丹新宿店本館3階モード解放区で行うポップアップストアでは、アイコンバッグ“5AC”の新作や革小物、アクセサリーを取り扱う他、同製品の先行販売も行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら