ファッション

「ヴェトモン」「ユイマ ナカザト」が再びクチュールのゲストメンバーに

 パリ・クチュール組合(Chambre Syndicale de la Couture Parisiennes)は、2017年1月22〜26日に開催される17年春夏オートクチュール・コレクションのゲストメンバーを発表した。再び選出されたのは、先シーズン、17ブランドとのコラボによるプレタポルテのコレクションを発表した「ヴェトモン(VETEMENTS)」や、中里唯馬デザイナーの手掛ける「ユイマ ナカザト(YUIMA NAKAZATO)」をはじめ、「イリス ヴァン ヘルペン(IRIS VAN HERPEN)」「フランチェスコ スコニャミリオ(FRANCESCO SCOGNAMIGLIO)」などの11ブランド。

 さらに、イタリア・ローマでオートクチュールを発表する「アントニオ グリマルディ(ANTONIO GRIMALDI)」、イスラエル・テルアビブに拠点を構える「ガリア ラハヴ(GALIA LAHAV)」、韓国系デンマーク人デザイナーが手掛ける「ヒュン ミ ニールセン(HYUN MI NIELSEN)」、ベイルート出身デザイナーによる「ジョルジュ ホベイカ(GEORGES HOBEIKA)」と「メゾン ラビ カイルー(MAISON RABIH KAYROUZ)」、オランダ系ベトナム人デザイナーのスーアン・トー・ヌウェンが立ち上げた「スーアン(XUAN)」が新たに加わり、国際色豊かな顔ぶれがそろう。

【関連記事】
「ヴェトモン(VETEMENTS)」2017年春夏パリ・コレクション
「ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)」2016-17年秋冬オートクチュール・コレクション
「フランチェスコ スコニャミリオ(FRANCESCO SCOGNAMIGLIO)」2016-17年秋冬オートクチュール・コレクション

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。