ファッション

「シャネル」「ディオール」などのクリスマスツリーがパリに

 11月19〜20日、パリのシャンゼリゼ劇場でチャリティーイベント「第21回サパン・ドゥ・ノエル(SAPINS DE NOEL)」が開催され、30のデザイナーやブランド、アーティストがクリスマスツリーやアート作品を展示した。同イベントはファッションジャーナリストのマリー・クリスチャン・マレック(Marie-Christiane Marek)が主催し、作品は毎年オークションにかけられる。売上金は慈善団体などに寄付され、今年はガンの研究に充てられた。

 今年参加したのは「ディオール(DIOR)」「シャネル(CHANEL)」「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」「プラダ(PRADA)」「エリー サーブ(ELIE SAAB)」「エマニュエル ウンガロ(EMANUEL UNGARO)」「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」「ジトロワ(JITROIS)」など。その他写真家のアリ・マフダビ(Ali Mahdavi)やデザイナーのクリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)なども作品を出品した。「ディオール」のツリーは白い風船をハートの形にかたどり、「ジャドール(J'ADOR)」の文字をあしらったもの。木の幹はゴールドの星で作った。「シャネル」はアイコニックなカメリア(椿)の花を敷き詰め、ゴールドからホワイトのグラデーションが美しいツリーを製作。「メゾン フランシス クルジャン」はもみの木の香りをイメージしたキャンドル「モン・ボー・サパン(Mon Beau Sapin)」をツリー型のディスプレーで展示。その他「プラダ」はゴールドのバッグを発表し、ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック(Jean Charles De Castelbajac)は天使のイラストを出品した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら