ファッション

「シャネル」「ディオール」などのクリスマスツリーがパリに

 11月19〜20日、パリのシャンゼリゼ劇場でチャリティーイベント「第21回サパン・ドゥ・ノエル(SAPINS DE NOEL)」が開催され、30のデザイナーやブランド、アーティストがクリスマスツリーやアート作品を展示した。同イベントはファッションジャーナリストのマリー・クリスチャン・マレック(Marie-Christiane Marek)が主催し、作品は毎年オークションにかけられる。売上金は慈善団体などに寄付され、今年はガンの研究に充てられた。

 今年参加したのは「ディオール(DIOR)」「シャネル(CHANEL)」「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」「プラダ(PRADA)」「エリー サーブ(ELIE SAAB)」「エマニュエル ウンガロ(EMANUEL UNGARO)」「メゾン フランシス クルジャン(MAISON FRANCIS KURKDJIAN)」「ジトロワ(JITROIS)」など。その他写真家のアリ・マフダビ(Ali Mahdavi)やデザイナーのクリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)なども作品を出品した。「ディオール」のツリーは白い風船をハートの形にかたどり、「ジャドール(J'ADOR)」の文字をあしらったもの。木の幹はゴールドの星で作った。「シャネル」はアイコニックなカメリア(椿)の花を敷き詰め、ゴールドからホワイトのグラデーションが美しいツリーを製作。「メゾン フランシス クルジャン」はもみの木の香りをイメージしたキャンドル「モン・ボー・サパン(Mon Beau Sapin)」をツリー型のディスプレーで展示。その他「プラダ」はゴールドのバッグを発表し、ジャン・シャルル・ドゥ・カステルバジャック(Jean Charles De Castelbajac)は天使のイラストを出品した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら