ファッション

阪急うめだ本店で「FNO2016」開催 テーマは買い物気分を盛り上げる“シャイニング・ファンタジー”

 阪急うめだ本店と阪急メンズ大阪は11月19日から2日間、「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト2016」を開催中だ。大阪での開催は今年で5回目。“シャイニング・ファンタジー”をテーマに、各階で様々な催しや限定品を用意した。19日午後に行ったオープニング・セレモニーは、東京開催と同様にクリスタル・ケイのライブパフォーマンスでスタート。「お気に入りブランド」と語った「サカイ」の衣装を着てパワフルな歌声を披露し、会場の9階・祝祭広場には多くの来場者が詰めかけた。別所哲也がMCを務め、渡辺三津子「ヴォーグ ジャパン」編集長と森星、大阪に初登場したマドモアゼル・ユリア、安田美沙子らが登壇した。

 モードフロアの3階は、メイクアップアーティストのyUKIとデザイナーの三浦大地によるトークショーを開催。セレクトショップ「イザ」とモードの編集平場「D.エディット」のコラボレーションポップアップストアで販売中の、新作メイクブラシセットの活用法などついて語り合った。4階シューズギャラリーの「セルジオ ロッシ」では、人気イラストレーターの関根正悟がオリジナルポストカードに特別なイラストをドローイング。今秋オープンしたばかりの5階ドレス売り場「ドレスギャラリー」では、台湾発の「シャッツィ・チェン」がブランドの核となっている中国伝統の蘇州刺しゅうに焦点を当てたポップアップイベントを開催中。コレクションのスタイリングを手掛けるスタイリストのメラニー・ユインと渡辺三津子「ヴォーグ ジャパン」編集長のトークセッションとともに、フロアファッションショーを行った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら