ニュース

ソニービルで建て替え前のカウントダウンイベント 「アイボ」も展示

 ソニーは11月12日〜2017年3月31日、東京・銀座のソニービルで建て替え前のカウントダウンイベント「It’s a Sony展」を開催する。同ビルは17年3月31日をもって営業を終了し、18年夏から20年秋まで「銀座ソニーパーク」と称する広場として開放する。その後は22年までに新ソニービルを建設し、開業することが決まっている。

 同イベントは、一時閉館に先立ってソニービルの50年の歴史と今後の進化について、前半と後半に分けて歴代のソニー商品とともに紹介する。

 前半(11月12日〜17年2月12日)は、「歴史」をテーマに日本初のトランジスタラジオ“TR-55”や初代ウォークマン“TPS-L2”、エンターテインメントロボット“アイボ(AIBO)”などを当時の広告とともに展示する他、平井一夫ソニー社長兼最高経営責任者(CEO)やみうらじゅんなど著名人10人の思い出のソニー商品をエピソードつきで紹介するコーナーも設ける。展示商品は約730点にのぼる。

 後半(17年2月17日〜3月31日)は、「未来」をテーマに18年夏にオープン予定の「銀座ソニーパーク」の完成予想図を先取りで見ることができるインスタレーションを展示する。

 「It’s a Sony」は、1970年代にアメリカの広告で使用したフレーズで、日本国内では82年から2000年にかけてテレビCMのサウンドロゴとして使われた。

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら