ファッション

「ミナ ペルホネン」 × マルニ木工の特別企画第3弾が伊勢丹ザ・ステージに

 伊勢丹新宿店本館1階のザ・ステージで11月9〜15日まで、「バラバラ ラバーズ. マルニ コレクション ウィズ ミナ ペルホネン(BARABARA LOVERS. MARUNI COLLECTION WITH MINA PERHONEN)」がスタートする。これは、広島の家具メーカーであるマルニ木工(MARUNI)が「ミナペルホネン(MINA PERHONEN)」とコラボでスタートした特別展「ふしとカケラ」の第3弾。これは、大量生産社会で均一した仕上がりが求められるため、日の目を見ることがなかった家具の木目や生地の端材に注目し、それらを個性的な美ととらえたプロジェクトで2013年にスタートした。マルニ木工の節のある“ヒロシマ”アームチェアに、「ミナ ペルホネン」の余り布のかけらをパッチワークした座面を組み合わせた特別アイテムを制作し、話題に。

 第3弾の今回は、「ふしとカケラ」アームチェアに5色の限定カラーバージョンが登場。今年のミラノサローネで発表されたデンマーク発テキスタイルブランド「クヴァドラ(KVADRAT)」と皆川がコラボした新作テキスタイルをパッチワークし、マルニ木工の“ラウンディッシュ”ソファに施したものも加わった。

 今回のパッチワークはテーマに因んでバラの花をモチーフにしており、4パターンを素材や色に合わせて展開している。アームチェアはオークやウォルナット素材のほか、ビーチ材のブルー、ライトグリーン、モスグリーン、グレー、ブラウン5色が加わった。価格は13万4000~16万1000円。オットマンからスリーシーターまであるソファの価格は8万2000~58万円(受注生産)。小物のバッグもあり、価格は2万2000と3万円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。