ビジネス

UAも業績下方修正 中間決算の営業利益は予想の2/3の見込み

 ユナイテッドアローズは、天候不順に対する商品投入の柔軟性が欠けていたなどとして、2017年度3月期第2四半期(累計)の連結業績予想を下方修正した。修正後は、売上高が期初予想から25億9000万円減(3.8%減)の650億8000万円、営業利益が8億6000万円減(33.4%減)の17億1000万円、経常利益が7億8000万円減(30.3%減)の18億円。

 これに伴い同社は、通期連結業績も下方修正した。修正後は、売上高が54億3000万円減(3.6%減)の1450億円、営業利益が22億7000万円減(20.0%減)の90億9000万円、経常利益が22億3000万円減(19.5%減)の92億円。配当予想については、中間配当20円、期末配当58円の年間配当78円を据え置いた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら