ファッション

10周年の「ラグナムーン」が2週間限定ショップ&“WARA PARTY”開催

 マークスタイラーが企画・販売する「ラグナムーン(LAGUNAMOON)」は9月で設立10周年を迎えた。これを記念し、9月30日から2週間限定のコンセプトショップを代官山にオープン。アパレルアイテムにくわえ、“FASHION=LIFESTYLE”をテーマにした食器やテーブルウェアなどをそろえた。また、琳葉盆栽とコラボしたワークショップも行った。

 オープン前日の29日には、“WARA PARTY”と称したレセプションパーティーを開催した。床には“WARA(藁)”を敷き詰め、非日常の空間を演出。会場は、「ラグナムーン」10年分のアーカイブの展示や料理人・後藤しおりによるケータリングが振る舞われ賑わいを見せた。

【関連記事】
「ラグナムーン」が10周年で森星を起用 EC限定商品の発売やコンセプトショップをオープン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら