ファッション

「デルヴォー」の関西旗艦店が大阪・心斎橋にオープン

ベルギー・ブリュッセル発のレザーブランド「デルヴォー」の関西旗艦店が9月3日、大阪・心斎橋にオープンした。コレクションラインやスモールレザーグッズ、メンズライン「ジェントルマンズ・コレクション」などをフルラインアップしている。ルクセンブルクを拠点に活動する気鋭アーティストデュオ、マルティーヌ・ ファイペルとジャン・ベシャメイユが店舗デザインを担当。エントランス中央にベルギーの1970年代ビンテージテーブルを置いたり、店内導線に沿って曲線ウォールを配したりと、故郷ベルギーの文化を随所に取り入れたモードな空間が広がる。

オープンを記念し、同店限定商品を販売中。注目は、メード・トゥ・オーダーで限定生産する「ブリヨン ブラック エディション」の“ラ ベルジテュード”(193万8000円)。ハンドルにはベルギーの国の地形をかたどったチャーム付き。「デルヴォー」のブランドヒストリーや店舗詳細は「WWDジャパン」10月10日号をチェック。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら