ファッション

「デルヴォー」の関西旗艦店が大阪・心斎橋にオープン

ベルギー・ブリュッセル発のレザーブランド「デルヴォー」の関西旗艦店が9月3日、大阪・心斎橋にオープンした。コレクションラインやスモールレザーグッズ、メンズライン「ジェントルマンズ・コレクション」などをフルラインアップしている。ルクセンブルクを拠点に活動する気鋭アーティストデュオ、マルティーヌ・ ファイペルとジャン・ベシャメイユが店舗デザインを担当。エントランス中央にベルギーの1970年代ビンテージテーブルを置いたり、店内導線に沿って曲線ウォールを配したりと、故郷ベルギーの文化を随所に取り入れたモードな空間が広がる。

オープンを記念し、同店限定商品を販売中。注目は、メード・トゥ・オーダーで限定生産する「ブリヨン ブラック エディション」の“ラ ベルジテュード”(193万8000円)。ハンドルにはベルギーの国の地形をかたどったチャーム付き。「デルヴォー」のブランドヒストリーや店舗詳細は「WWDジャパン」10月10日号をチェック。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら