ファッション

年に一度のおしゃれ番長決定祭「FNO 2016」ストリートスナップ

 「ヴォーグ ジャパン(VOGUE JAPAN)」が主催する年に一度のナイト・ショッピング・イベント第9回「ヴォーグ・ファッションズ・ナイト・アウト2016(以下、FNO)」が9月10日、東京の表参道・青山・原宿エリアを会場に開催された。同イベントは、夜遅くまでショッピングを楽しむ機会の提供によるファッション業界の活性化とチャリティー活動を目的に、今年は過去最高の629店舗が参加。「普段できない格好も今日なら許される。今日はお祭り気分でイベントを味わいたい」と、思い思いにファッションを楽しむ人々で溢れた。

 17時から22時までのショッピングタイムが始まる前には、無料で配布される限定アイテムやノベルティーを求め、長蛇の列ができる店舗も多い。例年反響の大きい「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」では、光る缶バッジのノベルティーを求め青山店に数百人が並んだ。サカイ青山店では、スペシャルジェラートとショー会場で配布していた扇子をプレゼント。ロエベ表参道店では、キャットモチーフアイテムの先行発売に合わせ、キャットマスクを進呈するキャンペーンを行った。

 アー・ペー・セー青山店では、ニューヨークのライフスタイルブランド「アウトドアヴォイシズ(OUTDOOR VOICES)」とのコラボを記念して作られた卓球台を設置し、卓球を楽しむことができた。ヨウジ ヤマモト青山店の店頭では、16-17年秋冬コレクションでコラボした画家・朝倉優佳によるライブペインティングや、フォトグラファーのレスリー・キー(Leslie Kee)がモデルの秋元梢とEXILEや三代目J Soul Brothersのパフォーマーとして活躍する小林直己とトークショーを開催した他、ヴェルサス ヴェルサーチ青山店には、アクセサリーを手に入れることができるUFOキャッチャーが登場。セレクトショップのアディッション アデライデ表参道店では、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」のリングをはじめとするアイテムが当たるビンゴ大会を実施するなど、趣向を凝らした独自企画も多く行われた。

【関連記事】
「フルビーケー」が「オープニングセレモニー」とのカプセルコレクションを発売
「スレトシス」2016-17年秋冬コレクション・ローンチパーティー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら