ファッション

「ケイタ マルヤマ」2016年春夏東京・ファッション・ウイーク

REPORT

日本の素材や技術を使って描いた淡い世界

今季の「ケイタマルヤマ」のテーマは、源氏物語の一句である”あさきゆめみし(浅き夢見し)”。夢の中の世界をイメージしたような淡いパステルカラーやペールカラーを使いながら、シルクやジャカード、刺しゅうなどの日本の素材や技術を採用したコレクションを披露した。

 ショーは、途中5回暗転し、各シーンに分けて構成。春の訪れを感じさせるペールトーンのジャカードのコートや、夏の始まりを予感させるネイビーのマキシワンピースなど、リラックスした雰囲気のウエアがそろう。

 中盤には、白いハンカチを一枚一枚フリルのように縫い合わせたドレスや、船や魚のイラストをプリントしたシルクのパジャマなど、ウィットを効かせたアイテムが登場。また、エキゾチックなマルチカラーのレースを使ったパーカとトップス、スカートのセットアップや、スイカやグレープなどの果物をほうふつとさせるビビッドカラーのドレスも目を引いた。

 また、貝殻の形や大きなスパンコールで魚をかたどったクラッチバッグなどアイキャッチなアクセサリーもコーディネートのポイントになった。さらに、ヘアアクセサリーには、江戸時代からの伝統工芸である”つまみ細工”を使用した「つまみ堂」の色とりどりのかんざしが飾られた。

LOOK

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016年春夏特集 ショーの一般招待やファッショニスタ、参加ブランドのSNSレポート企画などを実施" href="http://r.advg.jp/adptg_count/r?adptg_aid=5824&adptg_mid=190&adptg_lid=2" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/fcfab5479659ece4a63c9d70f38331d0.png"][/rel]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら