ファッション

「ビューティフルピープル」2016年春夏東京・ファッション・ウイーク

REPORT

1950年代のクチュールを再解釈。風になびく計算された軽やかなカッティング

ロングジャケットにペプラムトップスという、可愛らしさを抑えたモノクロのルックでコレクションがスタートした今シーズンの「ビューティフル ピープル」。「オールド トリック(常とう手段)」というキーワードをテーマに、1950年代のクチュールを再解釈した。

前半は、得意とするトラッドテイストは控えめに。繊細なレースや上質なシルク素材だからこそ表現できる、落ち感が魅力のロングワンピースやワイドシルエットのアイテムなどが多く並ぶ。細かなプリーツやヘムラインなど、風になびく計算されたカッティングが美しく、爽やかなミントグリーンの差し色が心地よい。

中盤からは、ビンテージ風のチェックや花柄のアイテムなども。カントリー調の音楽に合わせて、スエード風の素材を用いるなど、トラッドテイストにウエスタンテイストをミックスした。クラシックなテイストは、オリジナルの柄にも見られる。貴族がピクニックをしているようなフランスの伝統柄“トワル・ド・ジュイ”を童話「ジャックと豆の木」のイラストにアレンジして、シフォンのワンピースなどに採用。豊富なバリエーションのアクセサリーにも、陶器の壺をイメージさせるような形のバッグが登場した。

LOOK

[rel][item title="【スペシャル】東京ファッション・ウイーク2016年春夏特集 ショーの一般招待やファッショニスタ、参加ブランドのSNSレポート企画などを実施" href="http://r.advg.jp/adptg_count/r?adptg_aid=5824&adptg_mid=190&adptg_lid=2" img="http://www.wwdjapan.com/collection/wp-content/uploads/sites/3/2015/10/fcfab5479659ece4a63c9d70f38331d0.png"][/rel]
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。