ファッション

ネコのオートクチュール? NY老舗ホテルで “キャット”ウォークを披露

 キャット ファッションショーが11日夜、ニューヨーク・ミッドタウンにあるアルゴンキン ホテルで開催された。チケットは1枚50ドルで、同イベントで売り上げた1万ドル(約100万円)を、ニューヨークの動物救助サービスセンターに寄付した。

 1932年、同ホテルの上顧客であった米俳優のジョン・バリモア(John Barrymore)が、ホテルのロビーの迷い込んだ野良ネコに“ハムレット”と名前をつけた。それ以来、アルゴンキン ホテル(Algonquin Hotel)では、オスは“ハムレット”、メスは“マチルダ”と名付けられたネコを飼っている。この伝統に続き、ネコのファッションショーを10年前から毎年行っており、売り上げは動物愛護団体に寄付している。

 バックステージでは、ハットや、ウィッグ、ジュエリーを身につけた10匹のモデルのネコが、しぶしぶと写真のポージングを決めていた。そして彼らは、ホテルのロビーに隣接した“ランウェイ”を歩き、まばゆいスポットライトを浴びた。

 ネコの衣装は、ペット ファッションデザイナーのアダ・ニーブス(Ada Nieves)と、アニマル コスチュームを手がけるFITの卒業生が担当した。ニーブスは、「私はモデルのネコのことをよく知っているし、毎回キャスティングは自分で行っているのよ。いつも新しい才能を持ったネコを探しているの」と話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら