ファッション

これぞ21世紀のジャポニスム? 初音ミクに熱狂するニューヨーカー

 「初音ミク エキスポ2016」が5月28日、ニューヨークのハマースタイン・ボールルームで開催された。チケットは完売し、当日行われた2つの公演は合計7000人近くを動員した。

 公演前にはファンが34丁目通りの一角に列を作り、9番街を練り歩いた。ファンの多くは10代半ばから30代前半で、コスプレや00年代初頭の原宿の人々のスタイルをまねた服装に身を包んでいた。2時間におよぶ公演は字幕なしの日本語で行われたが、来場者は曲に合わせて歌っていた。

13年にはマーク・ジェイコブスが初音ミクの衣装を制作したり、リカルド・ティッシが2016年春夏オートクチュールの衣装を初音ミク用にリメークするなど、ファッション業界でも彼女への関心が高まっている。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら