ファッション

「b」マークでお馴染みのヘッドホン、「ビーツ・バイ・ドクター・ドレー」が夏限定カラーを発売

 ヘッドホンブランド「ビーツ・バイ・ドクター・ドレー」は、「ビーツ ミキサー(Beats Mixr)」シリーズのネオンカラーモデルを7月下旬から数量限定で販売する。ラインアップは、グリーン、オレンジ、ピンク、イエロー、ブルーの5色。

 同シリーズは、DJやプロデューサーとして活躍するデヴィッド・ゲッタと1年間の歳月をかけて誕生したダイナミック密閉型ヘッドホン。40mmドライバーに独自開発の振動板を採用し、音域の幅や遮音性など質を追求。そのほか、片耳モニタリングを可能にする270度回転式イヤーカップなど、デヴィッド・ゲッタが携わったモデルだけあって、DJ仕様には抜かりがない。また普段使いも考え、イヤーパッドは長時間着用をサポートするソフトレザーを使っている。ヘッドバンドは金属製の鋳造で、軽量(約210g)なのがウリだ。オープン価格は2万7800円。

 ビーツ エレクトロニクスは、さまざまなジャンルで活躍するドクター・ドレーと、インタースコープ・ゲフェンA&Mレコーズの会長ジミー・アイオヴァインが2006年に共同設立した。ヘッドホン「Beats? by Dr. Dre?」 を始め、HDサウンド・システムを提供する「Beats Audio?」、MOGデジタル音楽配信サービスなどさまざまな事業を手掛けている。

■beats by dr. dre Limited Edition Neon Mixr
価格:2万7800円
保証期間:1年
形式:ダイナミック密閉型
重量:約210g
付属品:3-button mic ケーブル、Carl コード、キャリングケース、金メッキ標準アダプター、抗菌クリーニングクロス

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら