ニュース

「デレク ラム 10クロスビー」に改称、15年プレ・スプリングからバッグを強化

 「デレク ラム(DEREK LAM)」のディフュージョンライン「10クロスビー・デレク ラム(10 CROSBY DEREK LAM)」は2015年プレ・スプリングから、ブランド名を「デレク ラム 10クロスビー(DEREK LAM 10 CROSBY)に改称する。さらにバッグを拡充させ、コレクションとして本格的に展開する。

 バックは、使いやすさにこだわったハーフムーン型のファスナーやニッケル素材の金具を特徴とする。モデル名には、「サリバン」や「ラファイエット」「マーサー」「ケンメア」というNYソーホーにあるストリートの名前をつけた。あえて見せるシームを施したストラップ付きショルダー「サリバン・ジッピー・トート」や体にフィットしやすく片側を平らにした「ラファイエット・ジッピー・サッチェル」、ハーフムーン型の「マーサー・バック・パック」、カラーブロックで配した「ケンメア・ジッピー・クラッチ」などが並ぶ。いずれもブラックとホワイト、ターメリックイエロー、ネイビー、ケリーグリーンの配色を使ったカーフレザーを採用する。価格帯は、5万2000〜10万7000円。国内の百貨店やセレクトショップで販売する予定だ。

 また、「デレク ラム 10クロスビー」は10月にブランド初のオンリーショップをNYソーホーにオープンする。住所は、115 マーサー・ストリート。店舗面積は約204平方メートル。

 デレク ラム・インターナショナルは「デレク ラム」が設立10周年になる今年1月、NYを拠点とするサンドブリッジ・キャピタルが半数未満の株式取得ながらも、大株主になったことを発表した。買収額は非公開としている。サンドブリッジ・キャピタルは、コンシューマーおよびリテーラーに特化した未公開株式投資ファンド会社。同社のシニア・アドバイザーには、トミー・ヒルフィガーやグッチ・グループ前最高経営責任者のドメニコ・デ・ソーレが就いており、デ・ソーレは04年から、ラムのメンターを務めている。