ファッション

白Tシャツ専門店「#FFFFFFT(シロティ)」がオープン 「アメアパ」から「サンスペル」まで集積

 白の無地Tシャツだけにこだわった白T専門店「#FFFFFFT(シロティ)」が4月9日、東京・千駄ヶ谷の「ロンハーマン」にもほど近い千駄ヶ谷小学校裏手にオープンした(渋谷区千駄ヶ谷 2-3-5)。#FFFFFFとは、白をデジタルの16進法で表すカラーコードのこと。夏目華・店主(オーナー)と夏目拓也・主宰の夫妻と、月岡信哉プランナーの、"白T好き3人組"が、「ワインをテイスティングするように、比較しながら、好みの白Tを探してもらいたい」という想いからスタート。これまでの仕事と二足のわらじで、ビンテージマンションのガレージ部分を改装したショップを拠点に、まずは土曜日のみ営業するスタイルをとる。主にマーケティングやバイイングは夏目主宰が、広報PRは夏目店主が、デジタル領域は月岡プランナーが担当する。

 品ぞろえについては、「どんな趣味趣向の人にも合うように」と、幅の広さを意識。「アパレルは初心者」というが、「フルーツ・オブ・ザ・ルーム(FRUIT OF THE LOOM)」や「アメリカンアパレル(AMERICAN APPAREL)」から、有名メゾンの商品も多く手掛ける小野莫大小工業(小野メリヤス)がデザイナーの杉原淳史と協業して作り上げた最高峰カットソーブランド「スムースデイ(SMOOTHDAY)」や、アングローバルが独占契約する1860年創業の老舗英国ブランド「サンスペル(SUNSPEL)」、ピエール・フルニエと寺本欣児による立体的なフィットで知られるパリ発の「アナトミカ(ANATOMICA)」、80年以上の歴史を持つ米国オハイオ州発のスポーツ系ブランド「ベルバシーン(VELVA SHEEN)」などまで、常時20ブランド以上をラインアップ。現在はユニセックスが半分程度で、メンズが3割。ウィメンズも拡充していく考え。

 「商品を集めて売るだけならばECでもできないことはないけれど、実際にリアルの店舗で、見て、触って、試着して、『これいいよね!』というものに出合ってもらえれば」と語る。

■#FFFFFFT SENDAGAYA
東京都渋谷区千駄ヶ谷 2-3-5 1F
03-6804-5746
営業時間/12:00?20:00
不定休(4月は毎週土曜日のみ営業)

松下久美

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら