ファッション

「ステラ マッカートニー」が乳がん意識向上月間支援のランジェリーを発売

 「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」が乳がん意識向上月間支援のため、2015年秋冬ランジェリーコレクションからビビッドなホットピンクのランジェリー"戯れるアリーナ"を発売した。価格はビキニブリーフが8000円、バルコネットとソフトカップブラが1万5000 円。公式サイトではすでに販売しているが、直営店や一部百貨店では10月1日に発売する。キャンペーンモデルはカーラ・デルヴィーニュが務める。

 売り上げの一部は乳がん患者とその家族を支援するイギリスのリンダ・マッカートニー・センターをはじめ、アメリカとオーストラリアの乳がん団体NBCFに寄付される。リンダ・マッカートニー・センターは、乳がんで亡くなったステラの母リンダの名を冠して、乳がん患者とその家族を支援するために00年に設立された機関だ。

 ステラ・マッカートニーは「乳がんは、世界中の女性にとって最も身近ながん。多くの人がこの病気を意識しているものの、早期発見につながるステップをなかなか実現できていない。女性に健康について考えてもらい、定期的な診療を促すことを意識してデザインをした」と話す。

【関連記事】「ステラ マッカートニー」が乳がん意識向上月間支援のための特別ランジェリーを発売 ビジュアルモデルはケイト・モス

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら