ファッション

「リーボック クラシック」×「メゾン キツネ」のカプセルコレクションが発売

 リーボックのカジュアルライン「リーボック クラシック(REEBOK CLASSIC)」は9月12日、「メゾン キツネ(MAISON KITSUNE)」とのカプセルコレクション"ベースボール リーグコレクション"を発売する。「リーボック クラシック」はこれまで、スニーカーの"インスタ ポンプフューリー"など、商品単体でのコラボレーションはあったが、アパレルとして日本発信でグローバルに展開するのは今回が初めてになる。同コレクションは"古き良き時代のアメリカ"がコンセプト。かつて存在していた米大リーグチーム「ブルックリン ドジャース」のユニフォームに影響を受けたスポーティーなデザインが特徴となっており、アイテムは全8型。価格は、Tシャツが7500円、キャップが7500円、ベースボールジャケットが4万4000円、ショートパンツが1万4000円、ベースボールTシャツが1万円、クルーネックスエットが1万9000円、ソックスが2500円、スニーカーが1万3000円。リーボック クラシックストア原宿や、メゾン キツネ青山店などで販売する。

 黒木理也「メゾン キツネ」デザイナーは「『リーボック』のような規模の大きいブランドとカプセルコレクションを作るのは初めて。両ブランドのコラボレーションを前面に打ち出すのではなく、あえてキャップにはボール(のワッペン)を施すなど、遊び心のあるものにした」と語った。また、遠藤悟リーボック マーケティング事業本部リーボック クラシック ディレクターは「今回の『メゾン キツネ』とタッグを組んだのは、『リーボック』はこれまでアーティストのジェイ・ジーや、バーバルとコラボするなど、『メゾン キツネ』と同様に音楽との親和性が高いことがある。『リーボック』ブランドはこれまでスニーカーのイメージが強かったが、アパレルにも注力していく。本コラボはそのきっかけになればいい」と話した。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら