ファッション

ガリアーノが「マルジェラ」で手掛ける初めてのバッグがローンチ、伊勢丹新宿店で先行発売

「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」は2月3日、ジョン・ガリアーノがメゾンで手掛けた初めてのバッグ"5AC(ファイブエーシー)"を伊勢丹新宿店で先行発売する。昨年8月26日、同店3階のセンターパークに6カ月限定でオープンしたコンセプトショップ"クロノロジー(CHRONOLOGY)"で販売する。

"5AC"は、2016年春夏コレクションのランウエイに登場したもので、「インサイドアウト」のアイデアと「アーティザナル」の技術を融合したデザインが特徴だ。クラシックなハンドバッグのライニングを外に引き出すと縦型のショルダーバッグになるデザインで、隠されたディテールに宿るミステリアスな創造性を表現したもの。"5AC"は、フランス語でバッグ意味する"SAC"のSを5に置き換えたもので、「メゾン マルジェラ」らしい遊びとひねりを効かせたネーミングになっている。"5AC"を先行販売すると同時に、2016年春夏プレタポルテの新作コレクションも並ぶ。

2月17日から、メゾン マルジェラ直営店全店舗および全国のセレクトショップでの販売がスタートする。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら