ファッション

跡見学園の制服デザインを廣川玉枝が85年ぶりにリニューアル

 1875年に跡見花蹊(かけい)が神田に開学した跡見学園中学校、高等学校は、今年140周年。これを機に新しい基本理念を作成し、教育プログラムを刷新する。併せて、1930年から85年続いた制服デザインを来春から一新。デザインを手掛けたのは、廣川玉枝「ソマルタ(SOMARTA)」デザイナーだ。「学祖・跡見花蹊から始まり、現代にいたるまで築いてきた跡見学園の歴史と伝統及び日本の美を重んじるデザインを意識した」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら