ニュース

ファッションは死ぬのか?気鋭のデザイナー2人が渋谷パルコで「絶命展〜ファッションの秘境」

 パルコギャラリーは、坂部三樹郎「ミキオサカベ」デザイナーと山縣良和「リトゥンアフターワーズ」デザイナーの2人がプロデュースする展覧会「絶命展〜ファッションの秘境」がスタートした。

 展覧会では2人のほか、アキバ系アイドルグループ「でんぱ組.inc」のプロデュースで知られるもふくちゃんや「アシードンクラウド」の玉井健太郎デザイナー、カイカイキキ所属の人気アーティストmebae、2人が主宰するファッションデザインの私塾ここのがっこうの生徒ら、多彩なクリエーターが参加する。

 10月12日には"宇宙編"と題して「リトゥンアフターワーズ」が、13日には"異形編"と題し「ミキオサカベ」が、それぞれショーを行なう。展覧会は14日まで。
 
■絶命展〜ファッションの秘境
日程:2013年10月4日?14日
時間:10:00?21:00
場所:パルコミュージアム
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1(渋谷パルコ パート1・3階)
入場料:500円(一般)、400円(学生)
*小学生以下無料
*入場は閉場の30分前まで、最終日は18:00閉場