ニュース

「ららぽーと富士見」2015年4月開業 百貨店のサテライト3店舗、チームラボの遊園地も

 三井不動産は2015年4月10日、埼玉県富士見市の富士見川越バイパス沿いに「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」をオープンする。延べ床面積は18万5000平方メートル、店舗面積は8万平方メートルの3層構成で、店舗数は293店、駐車場約4600台を予定。敷地内には8700平方メートルの公園を整備したほか、屋上と外壁面の一部に緑化を施し、ららぽーと最大となる4万2000平方メートルの緑化面積を確保。「人・モノ・文化が交差する新拠点?CROSS PARK?」をテーマに、体験型のショップや自治体と協業した施策を用意する。

 ファッション関連の店舗は、「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」「アーバンリサーチ ドアーズ」「ジャーナルスタンダードレリューム」などの大手セレクトショップや、「ザラ」「ストラディバリウス」「ホリスター」「ディーゼル」などの海外ブランドをはじめとした108店舗がそろう。また、京王百貨店、三越伊勢丹、丸広百貨店の3店のサテライトショップがオープン。生活雑貨を中心に、アクティブシニア層に向けて訴求する。ほかにも日本1号店となるレゴブロック専門店「レゴストア」や、クリエイター集団のチームラボ初の常設業態で、子どもたちにアート体験を提供する「学ぶ!未来の遊園地」が出店する。

 地域密着型の施策としては、「JAいるま野」が常設店を構え、地元の作物を販売するほか、「ららぽーと富士見」付近の休耕農地に作付けを行い、野菜の収穫体験を提供する。農業の高齢化対策や、食育の一環として活用する狙い。また、「ららぽーと富士見」の敷地内に交通広場を整備し、市内外の主要駅を結ぶ路線バスやタクシーの発着所を設ける。

■「三井ショッピングパーク ららぽーと富士見」
住所:埼玉県富士見市山室一丁目1313番
オープン日:2015年4月10日