ファッション

昨晩ミラノで発表されたばかりの「モスキーノ」2015-16年秋冬コレクションの一部が阪急うめだ本店で発売

 「モスキーノ(MOSCHINO)」は2月27日〜3月3日まで、阪急うめだ本店にポップアップストアをオープンし前日の26日20時(イタリア時間)に披露したばかりの2015-16年秋冬コレクションの一部を発売した。ラインアップは、香水「モスキーノ・トイ」のボトルデザインになっているテディベアをモチーフにしたウエアやバッグ、iPhoneケースなどの20品。店内には、高さ180センチメートルの巨大テディベアと香水のパッケージボックスをかたどった什器を設置している。

 なお、初日27日の売れ筋は、iPhoneケース(1万円)とインターシャニット(12万円)。10時の開店時からiPhoneケースを求める客や、巨大テディベアの前で写真を撮る客で賑わった。

 「モスキーノ」は14-15年秋冬にジェレミー・スコットが就任して以来、コレクションを発表した翌日に一部のアイテムをイタリア国内の店舗やeコマースで販売してきたが、日本で行うのは今回が初めて。

■「モスキーノ」ポップアップストア
日程:2月27日(金)?3月3日(火)
場所:阪急うめだ本店 1階コトコトステージ

【関連記事】
「モスキーノ」2015-16年秋冬ミラノ カラフルでやんちゃなヒップホップ・ガール
「モスキーノ」がテディ型の香水を発売

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら