ファッション

「ボス」が14-15秋冬広告ヴィジュアルにエディ・キャンベル、スコット・イーストウッドを起用

 「ヒューゴ ボス(HUGO BOSS)」が2014年秋冬広告ヴィジュアルを公開した。2013年にジェイソン・ウー(JASON WU)がクリエイティブ・ディレクターに就任して初となるコレクションで、21世紀の「ボス」の基本コードを定義するものになっている。ウィメンズウエアのモデルには女優のエディ・キャンベル、メンズはクリント・イーストウッドの息子で俳優のスコット・イーストウッドを起用。スタイリングはジョー・マッケンナ、撮影はイネス・ヴィノードが行なった。

 今回のヴィジュアルについてウーは、「これまでとは異なるフレッシュなアプローチを採用したかった。『ヒューゴ ボス』伝統のテーラリングはそのままに、ウエアだけでなく、『ボス』のライフスタイルもイメージしてもらおうと思った」と説明する。エディ・キャンべルは、新生「ボス」初コレクションのキー・ルックであるオフィサーコートを着用。カシミヤの光沢感とブランドが誇るテーラリングをベースにした力強さによって、コンテンポラリーな女性像を表現している。一方のスコットが着用しているのは、サルトリアルのDNAが光るモダンなメンズスーツ。スコットは「とても光栄。時代を超越したクラッシックさと永遠の存在価値を誇るブランドで、着る人の強さや自信など、最良の部分を引き出してくれるから」とコメントを寄せている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら