ファッション

「ジバンシィ」がコレクションショーに一般人1200人を招待

 「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ(GIVENCHY BY RICCARDO TISCI)」は9月11日、ニューヨークで開催する2016年春夏コレクションのランウエイショーに一般人を招待する。ニューヨーク市のマーケティングオフィス(NYCgo)と協業し、専用のウェブサイトも立ち上げる。

 会場には1200人もの業界人ではない、"一般人"が参加できる。そのうち280席はニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)やパーソンズ・スクール、プラット・インスティチュートといったファッションの学校の学生とスタッフ、100席が会場の近くに住む住民のために確保してある。残りの820席は先着で入手することができる。9月1日の10時(現地時間)に「ジバンシィ バイ リカルド ティッシ」やNYCgo、アメリカファッション協議会(CFDA)、PRエージェンシーのKCDのソーシャルメディア上で取り扱うウェブサイトを発表する。チケットを入手した一般人は関係者とは別の入り口から入場する。ショーは18:30開演を予定し、会場の詳細はまだ発表されていない。
 
 フィリップ・フォルトゥナート=ジバンシィCEOは、一般公開することは前からにおわせていたという。6月にパリで開催したメンズのショーの会場は公園の隣で、多くの一般人が観に集まった。「一般の人がどのように反応するか見たかった。リハーサルのようなショーだった」と語った。
 
 一方、クリエイティブ・ディレクターのリカルド・ティッシはアメリカに多くの影響を受けると話した。「私はアメリカにたくさんのエネルギーをもらっており、大きなインスピレーション源になっている」とコメントした。また、開催日の9月11日については、「アメリカ国民にとってはとてもセンシティブになる日だと思う。そのため、ショーは家族や愛情を祝福するものにする」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら