ニュース

「スワッガー」「フェノメノン」の運営会社が倒産

 帝国データバンクによると、「スワッガー」「フェノメノン」を運営するスワッガー社とアリソン社が自己破産申請に入った。ヒップホップグループ「シャカゾンビ」のメンバーで井口秀浩(イグニッションマン)が代表を務めるスワッガーは2000年に設立。「スワッガー」を始め、東コレ屈指の人気ブランド「フェノメノン」を展開するなど、ストリート系の人気ブランドを展開していた。

 ピーク時の2007年8月期には13億7200万円を計上していたが、その後、消費不振により苦戦。2008年5月には持ちビルを売却し、旗艦店を移転するなどコストの見直しを図っていたが、2011年8月期には売上高10億7600万円に落ち込むなど資金繰りが悪化していたという。アリソン(東京、荒川雄太郎・代表)は2011年1月設立で、従来スワッガーで展開していた「フェノメノン」を取り扱っていた。