ニュース

アメアパ対ダヴ・チャーニー ついに決着、破産申請通る

 2015年10月に日本の民事再生法にあたる米国連邦破産法第11章を申請したアメリカンアパレル(AMERICAN APPAREL)は16年1月25日、デラウェア州破産裁判所により破産申請が許可された。これにより同社の再建プランおよび2億3000万ドル(約271億4000万円)の債務の株式化と4000万ドル(約47億2000万円)の債務返済融資、4000万ドル(約47億2000万円)の資産担保証券ともにプライベート企業として再建することが認められた。

 「ようやく前進するための自由と、必須としていた清算の許可が得られた。これでアメリカンアパレルはより強くなれる」と、パウラ・シュナイダー=アメリカンアパレル最高経営責任者(CEO)は語る。

 14年12月に取締役会によって突然解雇された同社のカリスマ、ダヴ・チャーニー(Dov Charney)=アメリカンアパレル創業者兼前CEOは、同社に戻るべく抗議を続けてきた。15年に投資企業ヘイガン キャピタル グループ(HAGAN CAPITAL GROUP)とシルバー クリーク アドバイザーズ(SILVER CREEK ADVISORS)がチャーニー前CEOを同社トップに戻す狙いで、2億3500万ドル(約277億3000万円)をアメリカンアパレルにオファーし、今年に入って3億ドル(約354億円)まで取引額を上げたものの、取締役会によって拒否されていた。

 今回の裁判所の決定に対し、チャーニー前CEOは「多くの前株主同様、この物語の最後において、私には何も残らないようだ」と失望の意を表した。「しかし、投資会社は私のアイデアや価値、活力、情熱を盗むことはできないということが、私を楽観的にしてくれる。最後に私をサポートしてくれる皆さんに『ダイヤルはそのままで』とお願いしたい」と語った。

【関連記事】
アメリカンアパレルが破産法申請へ