ビジネス

ケリングの2015年度決算は増収増益 「サンローラン」の成長強く

 ケリングの2015年12月期決算は売上高が前年比115%の115億8400万ユーロ(約1兆4711億6800万円)、EBITDA(金利、税金および減償却前利益)が同103%の20億5600万ユーロ(約2611億1200万円)、純利益が同131%の6億9600万ユーロ(883億9200万円)だった。

 ブランド別に見ると「グッチ(GUCCI)」の売上高が前年比111%の38億9800万ユーロ(約4950億4600万円)、「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」が同113%の12億8500万ユーロ(約1631億9500万円)、「サンローラン(SAINT LAURENT)」が同137%の9億7300万ユーロ(約1235億7100万円)、「プーマ(PUMA)」が同113%の34億300万ユーロ(4321億8100万円)だった。

 フランソワ・アンリ・ピノー=ケリング会長兼最高経営責任者は「15年度のケリングの決算は下半期の好調な売れ行きと、利益率の改善の結果が反映された。われわれは新しい成長局面に入っている。ブランドの強みを生かし、長期にわたり、価値創造を最大化する」と説明している。

【関連記事】
LVMHの2015年度売上高は4兆6363億円 新興国経済の足取り重く
エルメス2015年度決算は増収増益 営業利益率は31.8%に

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら