ニュース

「フェノメノン」が2015-16年秋冬に新体制で運営をスタート

 「フェノメノン(PHENOMENON)」は、「エムシーエム(MCM)」などを手掛けるソンジュ グループが2014年11月4日に設立した新会社ソンジュ ディーアンドディー ジャパンのもと、今年1月1日から新体制で営業をスタートした。新会社はソンジュ グループの100%出資で、資本金は3000万円。「フェノメノン」の商標権と営業権を獲得した。リー・ジュンボン社長は、「エムシーエム」の日本展開や、2007-8年秋冬にスタートした「エムシーエム バイ フェノメノン」などにも携わってきた人物だ。オオスミ・タケシはクリエイティブ・ディレクターとしてクリエイティブ面に専念する。

 「フェノメノン」の商標権は2011年にスワッガーの関連会社として設立したアリソン社が保有していたが、13年1月にスワッガーが破産申請。1月末に負債額の連帯責任を負ってアリソン社も解散したが、「フェノメノン」単体では、営業利益も出ていた。その後13年春夏から15年春夏までは、OEM会社ツヅキ・ファクトリーが商標権を所有していた。

 15-16年秋冬から新体制で運営をスタートし、従来通りオオスミ・タケシ「フェノメノン」デザイナーが生み出すデザイン力を強みに、MDや価格などは変更せずに国内生産を軸にコレクションを発表していく。新体制により、アメリカやヨーロッパへの卸しを強化し、年内には都内に直営店をオープンする意向だ。「フェノメノン」は現在、青山の「ザ・コンンテンポラリーフィックス」や東京・梅田の阪急メンズ館など国内37店舗、パリのコレットなど海外22店舗の卸し先を持つ。