ファッション

ルーク・メイヤー、「OAMC」のクリエイティブ・ディレクターを退任

メンズブランド「OAMC」は、ルーク・メイヤー(Luke Meier)=クリエイティブ・ディレクターの退任を発表した。2024年春夏コレクションが、同氏による最後の正式なコレクションとなった。後任は置かず、今後はデザインチームがコレクションのデザインや開発を手掛ける。また、メイヤーは「引き続き一部のプロジェクトの指揮を執る」という。

「OAMC」は、13年にメイヤーとビジネスパートナーのアルノー・ファー(Arnaud Faeh)が共同で設立。メンズウエア、フットウエア、アクセサリー、革小物などを取り扱っている。18年に、メイヤーとファーは、オンワードホールディングス(ONWARD HOLDINGS以下、オンワードHD)の連結子会社オンワードイタリアS.p.A.が保有するオンワードラグジュアリーグループS.p.A.に少数株式を売却。21年に、2人はそれを買い戻している。なお、メイヤーは今後も自身の持分を保有し続けるようだ。

メイヤーは、「『OAMC』の全ての関係者、特にこの素晴らしいプロジェクトを共に作り上げたアルノーとエドウィン・ファーの熱意とサポートに深く感謝する。とても有能なメンバーに託していくこのブランドが、今後さらなる成功を収めることを楽しみにしている」とコメントした。退任の理由については明らかにしなかった。

なお、メイヤーは妻のルーシー・メイヤー(Lucie Meier)と共に、17年から「ジル サンダー(JIL SANDER)」のクリエイティブ・ディレクターを務めている。同ブランドは08年から21年3月までオンワードHDが保有し、現在は「ディーゼル(DIESEL)」「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」などを擁するOTBの傘下。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。