ファッション

“変身”への憧れを昇華する「タナカダイスケ」 ファンタジーな世界観で注目の若手デザイナー

有料会員限定記事

PROFILE: 田中大資「タナカダイスケ」デザイナー

田中大資「タナカダイスケ」デザイナー
PROFILE: (たなか・だいすけ)1992年生まれ、大阪府出身。大阪文化服装学院卒業後、国内アパレルブランドで刺しゅう作家として約1年勤務。2021年に「タナカダイスケ」をスタート。ブランドコンセプトは“おまじないをかけたように、自分の中の新たな自分に出会えますように”。現在はアパレルメーカーのパッチワークスのもとで「タナカダイスケ」のデザインを手掛けている。衣装デザイナーとしても活動し、これまでに、俳優の山下智久やボーイズグループの「JO1」、ロックバンド「ミセスグリーンアップル」「女王蜂」などの衣装を手掛けてきた。PHOTO: TENKOU MA

ファッションブランド「タナカダイスケ(TANAKADAISUKE)」の特徴は、ベロアやレースを多用し、刺しゅうやビジューでふんだんに装飾をあしらうクリエイションだ。コレクションにはドレスやスーツなどのオケージョンアイテムが頻出し、それらはおとぎ話に登場するプリンスやプリンセス、ナイトの衣装を思わせる。そのファンタジーな世界観で若い女性を中心に注目を集めている。

ファッションとの出合いは書店
“変身”への憧れから生まれる洋服

この続きを読むには…
残り1087⽂字, 画像14枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。