ファッション

資生堂が「セルジュ・ルタンス」の商標権を買収

 資生堂は、フレグランス及びメイクアップアイテムをグローバルで展開するニッチコスメブランド「セルジュ・ルタンス」の商標権を獲得すると発表した。1992年から「セルジュ・ルタンス」の製品を製造販売してきたが、このたび商標権を獲得することで、ブランドへの投資を拡充していく狙いがある。クリエイティブ・ディレクターであるセルジュ・ルタンスは、これまで通りクリエーションに従事することに合意している。

 ルタンスは1980年から約20年間、資生堂のグローバルイメージとビジュアルアイデンティティを担当していた。その間、香水「ノブルノアール」、コスメティックブランド「インウイ」など、数々の商品・宣伝物を制作し、その洗練されたヴィジュアルは資生堂のグローバル進出を後押しした。資生堂は今後、パリ以外にも「セルジュ・ルタンス」ブティックの出店を計画していて、モスクワ、ニューヨーク、東京などを想定しているという。

 2014年末から、ロレアルやエスティ ローダー カンパニーズなどの大手化粧品会社が、フレグランスを中心とするニッチコスメティックブランドへの投資を強化する動きが強まっている。このたびの資生堂の商標権買収も、今後の伸びが予測される同カテゴリーの強化を狙うものとみられる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら