ファッション

斎藤工が甘い姿を披露 グラムールセールスのCM第2弾は「あったかいんだからぁ♪」

 会員数160万人の会員制ショッピングサイト「グラムールセールス」は3月16日から、俳優の斎藤工を起用したテレビCMを放映する。昨年放映したCMではタレントのYOUとの壁ドンで話題をさらったが、今回も斎藤は数々の甘い仕草を披露。第1弾の「いつでもどこでも編」では、朝起きぬけのベッドの中で、シャワー後にバスローブ姿でイチゴを食べながら、そして何を買うか悩む女性に後ろからハグをしながら、「グラムールセールス」ではいつでもどこでも手軽に買い物を楽しむことができる点を魅力的に表現した。

 寝起きから、日常生活の数々のシーンをリアルに撮影するため、ひげそり前の斎藤のレアな姿が見られるのはお宝ものだ。着用したチェックのバスローブは「タカヒロミヤシタザソロイスト.」のもので、衣装はスタイリストの亘つぐみが担当。連動する交通広告はフォトグラファーのレスリー・キーが手掛けるなど、豪華なクリエイターらがサポートしている。

 また、CMソングは、お笑い芸人のクマムシが歌う「あったかいんだからぁ♪」を起用。クマムシの2人は撮影現場にも乱入し、生歌を披露するとともに、斎藤を交えて3人で「あったかいんだからぁ」とお決まりのポースを披露するなど、現場にもアットホームなムードが漂った。

 斎藤は今回のCMに関して、「セクシーさを出そうすると下品になってしまうので、意識をしないようにした。自然光の中で本当に日常を切り取ったおしゃれであったかいCMになっている」とコメント。CMソングにちなんで"あったかい"思い出を聞かれると、「普段近所の八百屋さんとかお肉屋さんとか利用しているのだが、八百屋さんで大葉を買おうとしたらそこで育てているものを収穫して渡してくれた。お金いらないからって言って。 スーパーとかで買うのもいいけれど、地域のお店の人と交流すると小さなあったかさを感じた。地域、住んでいる場所、そこにいる人達とのコミュニケーションが"あったかいんだからぁ♪」とユーモラスに語った。なお、第2弾の「どんなときでも編」は4月から放映予定。斎藤の、水も滴るいい男っぷりが存分に見られるという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら