ファッション

六本木アートナイト2015の日程発表 今年は一般公募プログラムも

 六本木アートナイト実行委員会は4月25〜26日、「六本木アートナイト2015」を開催する。六本木の街じゅうで夜通しアートを楽しむイベントで、今回で6回目の開催だ。現代美術家の日比野克彦が3年連続でアーティスティックディレクターを担当し、齋藤精一ライゾマティクス代表取締役がメディアアートディレクターとして参加する。

 今回のテーマは「ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル」。テーマにちなみ、光る大型トラック「アートトラックプロジェクト ハル号 アケボノ号」がメインプログラムとして登場するほか、インスタレーション、パフォーマンスなどの企画を用意する。なお、森美術館は25日のみ開館時間を翌朝6時まで延長し、開催中の「シンプルなかたち展」のトークイベントを行う。また、今年初の企画として、一般客からプログラムを募集する「オープン・コール・プロジェクト」(仮称)を実施する。

■六本木アートナイト2015「ハルはアケボノ ひかルつながルさんかすル」
日時:4月25日(土)〜26日(日)
コアタイム:4月25日(土)18:22(日没)〜26日(日)4:56(日の出)
入場料:無料(一部プログラムおよび美術館企画展は有料)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら