ファッション

「ナイキ」が新しいエア テクノロジーを駆使したランニングシューズ“ペガサス 41”と“ペガサス プレミアム”を発表

ナイキ(NIKE)」は、新ランニングシューズ“ペガサス 41”と“ペガサス プレミアム”を発表した。

“ペガサス 41”は、新しいフルレングスのリアクトX フォーム ミッドソールに加え、エア ズーム ユニットを前足部と踵に搭載。“ペガサス 40”と比較して、エネルギーリターンが13%以上向上し、ミッドソールの製造過程での二酸化炭素排出量43%以上削減する。ナイキ エア ズームと組み合わせることで、このシリーズを愛用するランナーが期待する反発性とクッション性に優れた安定した走りを提供する。“ペガサス41”のボルトカラーは6月上旬に、ブループリントカラーは今夏、「ナイキ」のオンラインや一部の「ナイキ」販売店で発売を予定している。

“ペガサス プレミアム”は、ナイキ独自のエア テクノロジーを駆使し、アイコニックな“ペガサス”シリーズからランナーに愛されるクッション性とサポート性を受け継ぎ、初めて立体的な形状に合わせてデザインされたエア ズーム ユニットを搭載する。足の自然な形に沿うように設計されたエア ズーム ユニットは、ランナーの力を踵からつま先へと伝える。その結果、今までのエア ズーム ユニットにはない、バネのようなスムーズな感覚が得られる。ミッドソールにはズームX フォームを、ヒールにはリアクトX フォームを採用し、スムーズで推進力のある走りを実現する。“ペガサス プレミアム”は、2025年春に発売予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。