ファッション

デジタルアーティストSoraAota/K2が初の個展「想」を原宿で開催

デジタルアーティストSoraAota/K2は、個展「想」を東京・原宿のイベントスペース「ザ・プラグ(THE PLUG)」で開催する。会期は3月9、10日の2日間限定で、入場は無料だ。

本展はキャリア初の個展で、「誰もが一度は想像したことがある想いをアートで表現した作品」を展示するという。メイン作品「森海」は、得意とするデジタルアートの手法を用いつつ、キャンパスに直に加筆した大型作品で、アーティストのコインパーキングデリバリー(COIN PARKING DELIVERY)との共作も登場する。SoraAota/K2は開催に際して、「これまではファンアートから始まり、デジタルアートで世界中に自分のアートをただただ送る毎日だった。アートが手元を離れた時に相手のリアクションなどを感じられず、どこか虚しさを感じていた。いつかは実際に足を運んでもらい、自分のアートを見て、直にアートに触れてもらう機会を作りたい。そういった想いから今回の個展の開催を決定した」とコメントしている。

SoraAota/K2は、高校生時代にアメリカのヒップホップ・アーティストたちのファンアートをSNSに投稿し、徐々に話題を集めた。ラッパーのトリッピー・レッド(Trippie Redd)が主催した、アルバムのアートワークを手掛けるコンテストでグランプリを獲得。その後、ヤング・サグ(Young Thug)やリル・ウージー・ヴァート(Lil Uzi Vert)、イアン・ディオール(Iann Dior)、ジュース・ワールド(Juice Wrld)、ドージャ・キャット(Doja Cat)ら多くのアーティストや、アパレルブランド「アーケニー(ARTCHENY)」にデザインを提供している。

■想
日程:3月9、10日
時間:12:00〜19:00
場所:ザ・プラグ
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-9
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。