ファッション

「アレキサンダー・マックイーン」がロゴを刷新 新作のキャンペーンも披露

アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」は、ショーン・マクギアー(Sean McGirr)新クリエイティブ・ディレクターによるデビューコレクションのプレビューと、新たなブランドロゴを発表した。

マクギアー新クリエイティブ・ディレクターは、昨年9月に行われた2024年春夏コレクションのショーをもって退任したサラ・バートン(Sarah Burton)前クリエイティブ・ディレクターの後任として、10月に就任。3月2日にデビューコレクションとなる24-25年秋冬コレクションのショーを行うが、それに先駆けて広告キャンペーンを披露した。

同キャンペーンは、モデルにブランドのアイコンであるデブラ・ショー(Debra Shaw)とフランキー・レイダー(Frankie Rayder)を起用。強いショルダーラインのスーツ、ノースリーブのミニドレス、蜘蛛の巣を思わせるパターンがあしらわれたシルバーのドレス、チャンキーブーツなどを身に着けた2人が、ブランドを象徴するモチーフであるスカルを象ったクロム製のマスクを被り、ケルトの幻想的な雰囲気が漂う森の中を散策する様子を捉えた。撮影はアーティストのトミー・マレコフ(Tommy Malekoff)が、アートディレクションはエドワード・カーンビー(Edward Quarmby)が担当した。

また、これを機にブランドのロゴを刷新。“Alexander”を省き、“McQUEEN”の“Q"の中に“C”を入れたデザインは、創業デザイナーであるアレキサンダー・マックイーンが30年以上前に手掛けた最初のロゴを元にしており、ブランドの新時代を表現しているという。

マクギアー新クリエイティブ・ディレクターは、アイルランド・ダブリン生まれ。ロンドン芸術大学のロンドン・カレッジ・オブ・ファッションで学んだ後、同大学のセントラル・セント・マーチンズ校で14年に修士号を取得した。これまでのキャリアは、「ユニクロ(UNIQLO)」でのクリストフ・ルメール(Christoph Lemaire)によるコレクションや「バーバリー(BURBERRY)」、「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」のウィメンズなど。直近は「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」でメンズウエアのヘッドデザイナーを務めていた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。