ファッション

盛り上がる国内発の大人ブランド “クワイエット・ラグジュアリー”の流れに乗る“リアルに着たい服”【2024年春夏トレンド】

「お気に入りの服を長く着続けたい」というムードを追い風に、“大人向け”を押し出す日本の新興ブランドが相次いで登場しています。日本の消費者が求めるリアルな“着たい服”とは、インポートブランドのようなモードなスタイルではなく、仕事にも着て行ける“ほどよいテイスト”。世界的なビッグトレンド“クワイエット・ラグジュアリー(Quiet Luxury)”の特徴である、派手で目立つデザインを遠ざけ、素材の上質さを引き立てる提案も、日本流にアレンジされ始めています。

今回ご紹介する4つの国内ブランド「エステータ(ESTETA)」「オーヴィル(EAUVIRE)」「オブリオ(AUBRIOT)」「ジェイドット(J.)」は、いずれも本物志向の大人を意識したブランド。一つ格上の“アッパーライン”という立ち位置にも、今のニーズがうかがえます。今回は、大人のおしゃれマインドに寄り添う4ブランドの持ち味と魅力をお伝えします。

「エステータ」
大人心をつかむ審美眼と新バランス

「エステータ」は、オンワード樫山の主力ブランド「23区」から派生したブランドで2023年秋に誕生しました。イタリア語で“審美眼のある人”を意味する通り、高感度な大人の女性に向けて発信しています。“ハイグレード×コンテンポラリー×ミニマルスタイリング”をコンセプトに掲げ、人気スタイリストの髙橋リタ氏がディレクターを務めています。デビューコレクションは、伊勢丹新宿本店、阪急うめだ本店、松屋銀座本店の3店舗でポップアップが開催されました。

デザインには、トップスタイリストならではの審美眼やバランス感覚が生かされています。上質な素材をベースとした、新しいバランスのパターンが印象的で、シンプルでベーシックなのに、ほかにはないセンスやひねりを感じさせます。例えば、写真1枚目のオールインワンは、お腹や腰まわりをカバーしつつ、きれい見えがかなう立体感のあるラップデザインで、調節も可能。安心して着られる知恵やアイデアがパターンに施されているところが大人心をつかみそうです。

「オーヴィル」
シーンを選ばないユーティリティーエレガンス

クリエイティブ・ディレクターに川﨑瑶子氏を迎え、2024年春夏シーズンにデビューした「オーヴィル」は、イトキンの新ブランド。“リラグジュアリー(Reluxury)”をテーマに、どんなシーンにも対応する“オーディナリードレス”を提案しています。カジュアルからクチュールドレスまで幅広く操る川﨑氏ならではの快適さと高感度なデザインが魅力。トレンドとベーシックどちらにも偏り過ぎない、絶妙なムードや特別なたたずまいを意識しています。

上質でボリューム感のある三重織を使ってモダンに仕立てた立体的なシルエットのワンピースは、ブランドのアイコン的存在。凛とした美しさを感じさせながら、シワになりにくい“ユーティリティーエレガンス”を提案しています。デビューコレクションでは、全体の4分の1をサーキュラーエコノミーに配慮した素材で調達。今後はそういった素材の割合を高め、途上国の女性支援に貢献する素材も取り入れていく予定だそう。SDGsやエシカルな志向が広がる中、支持されていきそうな取り組みです。

「オブリオ」
タイムレスな魅力と自立した女性像

ワールドから2024年春夏シーズンにデビューした新ブランド「オブリオ」には、“10年後も変わらずいいと思えるものを”という思いが込められています。ブランド名は、パリ4区にあるオブリオ通りから。木本建徳氏をクリエイティブ・ディレクターに迎え、トレンドに左右されないタイムレス志向の上質アイテムを打ち出しています。キャリア系ブランド「アンタイトル(UNTITLED)」のカプセルコレクションからスタートした“アッパーライン”です。

“長く着られる本当に良いもの”への意識が高い、自己を確立した女性をイメージターゲットに据えているだけに、美しいシルエットを生かした、大人の余裕を感じさせる意外性のあるスタイリングが際立ちます。例えば、クロップド丈のジャケットには、カーゴディテールのシックなパンツでコーディネート。ドレスライクなトレンチコートは、マスキュリンなデザインにエレガンスやユーモアを融合。パリジェンヌを思わせる着こなしです。阪急うめだ本店やジェイアール名古屋タカシマヤ、三越日本橋本店で、2月から順次ポップアップストアが展開される予定です。

「ジェイドット」
日本の美と匠を追求したクリエーション

ファッションカタログ通販のドゥクラッセが立ち上げた、2023年春デビューの「ジェイドット」は、“Made in Japan”にこだわり、国内の工場で製造しています。現在、わずか1%程度ともいわれる“国産服”。コレクションには、尾州の毛織物や北陸で紡績した綿糸、京都の伝統染色など日本各地の素材や技法を採用し、国内の腕きき職人たちの技術をクリエーションに注ぎ込んでいます。

ドゥクラッセブランドの設立者でもある、デザイナーの谷川順子氏は、日本人を美しく見せるパターンメーキングを追求してきたキャリアの持ち主。“大人の女性が年齢にとらわれず美しく着こなせる、最高品質のリアルクローズ”を意識したラインアップには、40年かけて培った職人技の立体裁断が冴えます。羽のような軽さと着物の“正絹”のようなつやを兼ね備えた、日本発の素材「オクタダブルクロス」は、ブランドのシグネチャーマテリアル。匠のカッティングで、構築的なワイド幅なのに、すっきりしたシルエットがかなう主役級パンツを生み出しました。

今回は、それぞれに異なる魅力を発信している、4つの大人ブランドを紹介しました。多様性の時代だからこそ、選択肢が増えるのはうれしいところ。自分らしいアレンジを加えてエイジレスかつタイムレスに着こなせる“新・大人服”は、日本でさらなる成熟と広がりを見せていきそうです。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。