ニュース

高島屋の新業態「タカシマヤ スタイルメゾン」が「#キャンペーン」を開始

 高島屋の新業態「タカシマヤ スタイルメゾン」が、海老名駅直結という立地の大型商業施設「ららぽーと海老名」の2階にオープンした。"日常のハレカジュアルストア"をコンセプトに、725�uの敷地に化粧品やライフスタイル雑貨、ベーカリーカフェなどをそろえる"ライフスタイル提案型ショップ"として話題になっている。

 メインターゲットは30〜40代の子育て世代の女性。同世代の女性たちに、日々の生活の中で気分をアゲてもらえる"雑貨"を中心に売り場を編集している。雑貨では、時計の「ダニエルウェリントン」「フルスポット」などの他、ヘアアクセサリーで人気の「アンジェブルーム」などをそろえた。ギフト需要が高いアイテムも充実させ、サービスカウンターではお歳暮も受け付けている。

 コスメに関しては、百貨店としての強みを生かすため「資生堂」「ランコム」などの百貨店ブランドを展開。「ジュリーク」「ヴェレダ」「オプティミスティック」などのナチュラル&オーガニックブランドや、インナービューティ商材も集積している。

 また「タカシマヤ スタイルメゾン」では現在、「#(ハッシュタグ)キャンペーン」を実施中。「#TakashimayaStyleMaison」をつけてのSNS投稿を店頭で提示した先着30人に「トリロジー ローズヒップオイル」(2.5mL)を2点プレゼントする。

?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら