ファッション

ジュンがノージェンダーな新ブランド「イルク」を発表 来年1月に発売

 ジュンは新ブランド「イルク(ILK)」を発表した。"階級"や"同類"を意味する「イルク」は"すべてのジェンダーに向けた新しい洋服"をテーマに、メンズとウィメンズのパターンを組み合わせたデザインが特徴。シルエットはメンズのLサイズがベースで、ほとんどのアイテムがワンサイズのみという斬新な試みだ。価格はコート4万2000円、チュニック2万2000円、パンツ1万8000円など。「アダム エ ロペ(ADAM ET ROPE)」のカプセルコレクションとして発売する。

 佐々木進・社長は「常に新しい挑戦をしていきたい。今、セレクトショップはどこも似てきているが、オリジナルのアイテムで差別化はできる」と意気込む。

 来年1月末に今回発表した13型を発売し、3月にジャケットやセットアップ、5月に軽い素材のアイテムが続けて登場する。まずは「アダム エ ロペ」の8店で取り扱う予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら