ビューティ

破産した脱毛サロン「銀座カラー」の契約者を救済 ミュゼプラチナムなどが受け皿に

美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」は、15日に破産した「銀座カラー」の契約者に向けて“引き継ぎ支援制度”を開始した。

同制度は、旧「銀座カラー」の全身脱毛コースで支払った契約金額を値引き(上限25万6000円)するという内容。対象者は旧「銀座カラー」の会員であり、一次受け付け期間の2023年12月19~30日に来店できる人。24年1月以降の実施については未確定だ。条件として、旧「銀座カラー」会員であったことが証明できる契約書や会員証、予約受付メール、管財人からのメールなどの内容を提示しなければならない。

「ミュゼプラチナム」は、「本制度が多くの『銀座カラー』ご契約者さまの不安を取り除く一助となることを願うと共に、今後も必要とされる活動に取り組んでまいります」とコメント。この“引き継ぎ支援制度”は、一般社団法人日本エステティック経営者会(JEM)からの要請を受けたことにより開始に至った。「ミュゼプラチナム」の他にも「ストラッシュ」や「サロンリッツ」、「ビー・エスコート」、「シェアラ」の4つのサロンが優遇措置を提供している。

「銀座カラー」の運営会社であるエム・シーネットワークスジャパンの破産による被害者は、10万人を超えていると言われている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。