ビューティ

処理水問題からインタレストコマースまで 2023年ダブルイレブンのトピックスから見る中国市場の攻略法

有料会員限定記事

中国の年間最大の商戦ダブルイレブン(W11、独身の日)では日本企業の苦戦や処理水問題の影響、中国版TikTokのドウイン(Douyin、抖音)や短尺動画アプリのクアイショウ(Kuaishou、快手)のインタレストコマースの成長などさまざまなトピックスが見られた。中国現地に運営拠点を持ち、中華圏に特化したデジタルマーケティング事業を展開するアンボット(UNBOT)の福積亮グローバル営業統括と李奕暄グローバル営業部プロデューサーに、今年のダブルイレブンを振り返ってもらうとともに今後の中国市場の見立てを聞いた。

ECの流通取引総額は減少、ライブコマースは伸長

今年のダブルイレブンは、EC全体の流通取引総額(以下、GMV)が前年比2.08%増の1兆1386億元(約22兆7720億円)と微増にとどまった。福積統括は「EC市場の伸びには限界があるので微増は予想通り。今年の特徴は、総合ECの減少とインタレストコマースの成長だ」と話す。Tモール(TMALL、天猫)、JDドットコム(JD.COM、京東)、ピンドゥオドゥオ(PINDUODUO、拼多多)など総合ECの合計GMVは同1.12%減の9235億元(約18兆4700億円)だった一方、ライブコマースプラットフォームは同18.6%増の2151億元(約4兆3020億円)と大きく伸ばした。

この続きを読むには…
残り2775⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。