ファッション

「モンブラン」がNYで新キャンペーン発表 新作レザーグッズも披露

ドイツ発のラグジュアリー筆記具ブランド「モンブラン(MONTBLANC)」はニューヨーク・ファッション・ウイーク中に新グローバルキャンペーン「The Library Spirit:世界各国からのエピソード」と新作レザーグッズの発表を記念し、ニューヨークでイベントを開催した。イベントにはエイドリアン・ブロディ(Adrien Brody)やクロエ・セヴィニー(Chloë Sevigny)、ペン・バッジリー(Penn Badgley)らセレブリティーも駆けつけた。

会場の壁にはぎっしりと本を並べて、図書スペースを再現し写真家のマリアーノ・ヴィヴァンコ(Mariano Vivanco)がニューヨーク公共図書館で撮影したキャンペーン写真を飾った。会場内にはニューヨークのグラフィックアーティスト、イアン・サリヴァン(Ian Sullivan)がグラフィティアートを施し、伝統とモダンが交差する空間を作り出した。イベント中はゲストの名前をノートに書いてプレゼントするコーナーを設けた。

今回のキャンペーンでは新作レザーグッズも発表した。筆記具のイメージからの脱却を図る同ブランドは、幾何学模様のエンボスが印象的な“エクストリーム 3.0”シリーズのソリッドなバックパックやショルダーバッグ、エンベロープバッグの他に“MTB03”インイヤーヘッドフォンなどを紹介した。ユニセックスのレザーグッズはシンプルながら留め具の部分にさりげなく「モンブラン」のロゴをあしらい、幅広いオケージョンで活躍しそうだ。

 10月28日までの期間中、ニューヨークのマディソンアベニューにあるブティックでは本キャンペーンと連動して読書コーナーを開放し、持参した本と新しい本を取り替えることができる。本キャンペーンは今後、上海、ロンドン、パリ、ミラノなど、世界の主要都市でも行われる予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。