サステナビリティ
連載 エディターズレター:SUSTAINABILITY 第6回

サステナビリティに関心があるメディア関係者にオススメする4つの実践

有料会員限定記事
※この記事は2023年10月03日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから

今回のレターは、主にサステナビリティ×ファッションに関心があるメディア関係者にお伝えします。編集者やジャーナリストに限らずPRや広告代理店など、ファッションを情報として扱う方にオススメです。洋服を作ったり売ったりする仕事とは異なり、メディアの仕事は「情報」や「ネットワーク」「言葉」など目に見えない「モノ」がリソースです。「サステナに興味があるけど仕事への取り入れ方がわからない、何から始めたらよい?」とよく質問をもらうので、明日から実践できるアクションとコツを4つご提案します。

Tips1 ニュースクリッピングをルーティーンにする(毎日10分)

オススメのアクションの一つ目は、ニュースクリッピングです。忙しいみなさんの1日の中から10分間を捻り出して、「サステナ関連のニュースを探してリスト化し保存する」時間に充てましょう。できれば日本語だけでなく英語サイトもリサーチしましょう。英語の方が圧倒的に新しい情報が集まります。始めるとわかりますが、情報自体は山ほどあります。その中から自分が本当に興味があること、大切だと思う話題だけを選び、その理由を一言添えて記録することが大切です。情報の大海原の中で思考を整理することに役立ちます。

「WWDJAPAN」の場合、編集部に1日に数百件のリリースが届きます。サステナ担当の筆者は、そこに「サステナブル」などの複数の言葉でアソートをかけ、かつ面白いと思ったニュースをピックアップします。さらにブックマークしている国内外のニュースサイト、企業の公式サイトなどをパトロールし、毎日5、6のニュースを保存しています。それらをチームや、セミナー・ワークショップ「WWDJAPANサステナビリティ・コネクト」のメンバーに共有します。

クリッピングをしていると時流が見えてくるのはもちろん、自分が特に関心があるジャンルが自然と浮かび上がります。これが財産になります。「WWDJAPAN」のサステナチームは交代でこのクリッピングを行っているのですが、選ぶネタに個性が反映されて面白く、その集積が特集企画につながることもあります。

Tips2 新しいネットワークを築こう

この続きを読むには…
残り1625⽂字, 画像1枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。