ファッション

アトレ品川がリニューアル。「キールズ」や化粧雑貨の「シャン・ド・エルブ」など12店がオープン

 アトレは今秋、アトレ品川の2階ノースエリアをリニューアルする。第一弾として、10月16日に12ショップをオープンした。アトレ品川は2004年3月に、東京の南の玄関口である品川のランドマークとして開業。今後も、オフィスやマンション開発、羽田空港の国際化や発着便増加、リニア新幹線の始発駅構想など、新しい国際ビジネス拠点として、品川エリアはさらなる利便性の向上が求められている。このたび、「NEW YORK FRIENDLYFOR GOOD BIZZ!」をコンセプトに掲げ、リニューアルによって来街者の多様化するニーズに対応し、ビジネスシーンとライフスタイルをより充実させる。

 第一弾は「メーカーズシャツ鎌倉」やファッション雑貨の「イア パピヨネ」「ヴィド−ポッシュ ドゥ セピカ」、レッグウェアの「タビオ」、インテリア雑貨の「イデアセブンスセンス」など、雑貨を中心としたショップがオープン。ビューティカテゴリーでは、全国18店舗目(メンズ館を除く)となるキールズ、化粧雑貨の「シャン・ド・エルブ」が出店した。キールズでは、オープン記念キャンペーンとしてメンズスキンケアライン「フェイシャル フュール」のトラベルセットや「フェイシャル フュール HL クリーム」の先行発売などを行なっている。

 また、11月には関東初出店となるニューヨーク発祥のベーカリー「ザシティベーカリー」もオープンする予定。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら