ビューティ

コーセー小林社長がNHK「神田伯山のこれがわが社の黒歴史」に出演 80年代百貨店競争時代のドタバタ劇を振り返る

コーセーの小林一俊社長が、9月13日23時に放送されるNHK「神田伯山のこれがわが社の黒歴史」に出演する。外資系ブランドが百貨店の化粧品売り場を席巻していた1980年代、「このままだと百貨店を追い出される」と危機感を抱いたコーセーが社運を賭け立ち上げた百貨店専用ブランドと、そのブランドを巡り巻き起こった現場の大混乱を取り上げる。

講談家・神田伯山がMCを務める同番組は、「企業の黒歴史=苦労」をテーマに手痛い失敗談や黒歴史を笑いに変えながら今に生きる教訓をあぶり出していく経済バラエティー。インタビューパートのほか、フィギュアのコマ撮りに乗せて状況や歴史を説明していく神田の講談も魅力になっている。

小林社長が語るのはブランドの差別化に苦しんだ80年代の物語。化粧品メーカーの主戦場である百貨店売り場を巡る戦いで生き残るべく、起死回生の大プロジェクトとして新ブランドを立ち上げたものの、フタを開けてみると現場は思わぬ大混乱に……。次回予告PR動画では「かなり盛り上がりました。いけると」と語る小林社長に、「社内でのみ(笑)」とツッコミを入れる神田とのやりとりも紹介されている。また、社内のドタバタぶりを再現するコマ撮りVTRには「妖怪ウォッチ」のキャラクターたちが登場している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。