ファッション

「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」2015-16年秋冬パリ 緻密な計算と手作業が生むハニカム・プリーツの服

 同じプリーツでも「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」が最新技術によるファブリック使いであるのに対して、「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME DES GARCONS)」の場合は途方もなく長い時間をかけた手作業によるもの。忍耐強い人の手によるアナログな仕事の積み重ねで新しい形を生む。

 白シャツに黒のポリエステル・サテンのボリュームスカートに始まり、前半は軽やかなスクール・パンク。制服ルックをベースにしながら重たいスタッズではなく、ポリエステルで作った柔らかく大きなスタッズ風ディテールで装飾を施し反抗心をソフトに表明しているようだ。
ハニカム状の生地は、テープ状の生地をひとつづつ手で縫い留めて形成したもの。ベースとなる生地はポリエステルや天竺などさまざまで、畳むとペタンコになるが着ると生地の重みでハニカム状に広がる。完成したジャケットなどは丸く体に沿うのは、仕様書作りの段階で、緻密な計算を行っているから。計算と手作業がフォームを生み出す。

 後半はテープ状のフェイクレザーなどの生地を横に並べて部分的に縫い留めた服。ライダースも背中など一部をこの構造とすることでユニークな服が生まれている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら