ファッション

「トップマン デザイン」2015-16年秋冬ロンドンメンズ ベースは流行りの70年代。その次のトレンドは、オリエンタル?英国トラッド?それともロック?

ロンドン・メンズ・コレクションの取材のたびに市内の「トップマン(TOPMAN)」旗艦店を訪れると、このブランドのトレンドの咀嚼力の高さに改めて驚かされる。ちなみに2015年春夏コレクションが並び始めた1月の「トップマン」は、丈やボリューム感が独特のスエットやパーカー、Tシャツに、スリムが基調のジョギングパンツ。コーチジャケットやMA-1風のブルゾンを合わせる"ノームコア"なスタイルが百花繚乱だった。

嗅覚の鋭いブランドだからこそ、ウィメンズで先行し、今シーズンはメンズへの波及が間違いない1970年代のムードを取り入れるのは、当然の選択だったのだろう。「トップマン」のコレクションライン「トップマン デザイン(TOPMAN DESIGN)」の15-16年秋冬は、70年代を思わせる、ハイウエストで9.5分丈のスリムなフレアパンツが目白押し。ここにコンパクトで首の詰まったジャケットを合わせ、レトロな時代感をさらに強調した。

そこに加えたのは、トライバル模様で表現するオリエンタリズムや、分かりやすいタータンチェックで描く英国トラッド、ゴートファーを多用したマウンテンブルゾンなどで描いたアウトドアのムードや、反対にフリンジ付きのコンパクトなトップスで表現したロックなど、あらゆるテイスト。メンズなら90年代の"ノームコア"、ウィメンズなら70年代の"ヒッピー"以外に力強いテイストが台頭しない、今の雑多な時代感を表現したコレクションのようだ。さぁ、70年代の次に来るのは、今度こそオリエンタルか、英国トラッドやアウトドアテイストの復活か?それとも、勢いを増す「サンローラン」がけん引しているロックマインドなのか?奇しくも15-16年秋冬メンズのトップバッターを務めた「トップマン デザイン」は、無数にあるテイストを複数に絞り込み、ネクスト・トレンドの候補を提示してくれた印象だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら